薬剤師の募集についての情報サイト

薬剤師の募集の動向

薬剤師の方には根強い人気の病院への就職。

病院を志す方の多くの志望動機としては医療の現場に近いところで仕事がしたいなどの理由が挙げられていました。

 

しかし実際の病院薬剤師の実際の募集は希望者に比べかなり少なく勤務条件(勤務時間や年収面など)も厳しいものでした。

 

そのような事から一時期病院薬剤師を志望される方の割合が減少傾向にありました。

 

しかし、ここ最近、病院を希望される薬剤師の方がまた増えてきています。

 

今や市民病院の休止問題や医師不足の問題、病院の経営状況については周知の事実で、この状況から考えると、病院薬剤師を希望する薬剤師の方が増えている傾向は、意外です。

 

医療問題がより表面化している中、医療人として病院で患者さんに一番近い場所で直接向きあいたと考えているのでしょうか?

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

内定ゲットの秘訣@応募書類の書き方

まず就職面接は書類選考から始まると思いますが、ここが一番の関門といっても過言ではありません。面接時に直接お話する機会があれば自分の医療に対する熱い気持ちや今までの経験や今後のビジョンなどをお話することができると思います。が、そこに行きつかないことも多々あるのではないでしょうか?

 

それではどうやってそのステップに進んでいけるか秘訣を書いてみたいと思います。採用担当者は、まず応募書類で第一段階の判断をします。応募書類は、「あなた」を表現する書類なのです。一番の選考基準は『この人に会ってみたい』と思われるかどうかだけです。他の応募者と同じような内容では目にも留まらないでしょう。

一番大切なことは「他の応募者とは違う自分だけの書類」を作ることです。自分が今まで携わってきた医療でのエピソードや患者さんに対する気持などをしっかり書いてみましょう。その際には自分自身を客観的に見つめて的確に自分自身のアピールポイントを伝えることが大事です。エピソードをストーリー仕立てにわかりやすく表現してもいいと思います。

 

やはり書類というものは語ってはくれませんが、書き方によっては語らす事も出来ます。採用担当者に『どんな人だろう?』『会ってみたいな?』そのような印象を与えることができれば書類選考は通過できるでしょう。ここからが面接、本番です。

 

内定ゲットの秘訣A面接での対応の仕方

面接とは、採用担当者との問答だけが面接と考えている方が多いみたいです。ただそれは間違いと言っても過言ではありません。面接とは会社に入る瞬間から始まっています。

 

某企業では人事担当者を受付に座らせ、その時点での対応や服装などをチェックしている企業もあります。よって面接とは自宅を出た時点からが面接と考えるのが一番だと思います。確かに気が抜けなくてしんどいかもしれませんが、自分の人生を決める勝負に行くのです。それぐらいの覚悟が必要でしょう。

それでは面接時の注意点を何点か挙げておきましょう。まず予定時間の10分前には面接会場の受付をしましょう。たまに30分や1時間前から来てやる気をアピールしようとしている方がいらっしゃいますが、はっきり言って逆効果です。そんなに早くこられても迷惑以外のなんでもありません。その辺りは良識を持って挑んでいただけるとよいでしょう。

さて面接になってからですが面接官の質問に対しては結論から答えましょう。それに対して説明を補足していくイメージで。

 

起承転結で順だってお話しされる方がいらっしゃいますが、なかなか結論に至らず、話が長く、結局何が言いたいか分かりません。 ですので、最初に「私は○○のように考えます」と結論を言い「なぜなら」等の前置きで説明に入るといいでしょう。面接ではいかにこちらのペースに持っていくかが合格への近道です。